VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

Ralph Lauren
ラルフローレン

VOGUE GIRLがお届けする「ラルフローレン / Ralph Lauren」に関する記事ページです。

1968年にアメリカ・ニューヨーク出身のラルフ・ローレンが設立したファッションブランド。ウィメンズとメンズのウェア、キッズライン、バッグ、シューズ、ペット用品、時計、香水、化粧品、ホームコレクション、さらにはレストランやリゾートホテルまでを幅広く展開している。アメリカントラッドやアイビーファッションの代表的なブランドとして、ラルフ・ローレンが考える、アメリカの豊かで理想的なライフスタイルを提案している。年2回、ニューヨーク・ファッション・ウィーク期間にコレクションを発表している。

創業者のラルフ・ローレンは、ブルックス・ブラザーズでネクタイ売り場を担当した後、1967年にネクタイを製造、販売するビュー・ブルーメルにデザイナーとして起用された。彼のアイデアでぜいたくな素材を使った4インチ幅のワイドタイを販売したところ大ヒットし、1967年ノーマン・ヒルトンの財政支援のもと、「ポロ」のブランド名でハンドメイドの高級なネクタイ部門を開設することとなる。翌年の1968年、メンズウェアを手がけるポロ・ラルフ ローレン社を設立し、コレクションを発表。イギリスの伝統的なスタイルをアメリカ流にアレンジし、機能性とカジュアル感を出した新しいファッションスタイルを打ち出した。

1970年、メンズウェア部門でファッション界のアカデミー賞と称されるコティ賞を受賞。1971年、レディースウェアを発表し、上品で伝統的なテイラードスーツが好評となる。同年、初の1号路面店をビバリーヒルズにオープンし、ポロ選手のブランドロゴ「ポロ ポニー」を披露する。1977年にウディ・アレン監督によるアカデミー賞受賞作品の『アニー・ホール』の衣装を手がけたことで、ダイアン・キートンのマニッシュスタイルは「アニー・ホール・ルック」と呼ばれるほど一大ブームを巻き起こした。1986年にはフランスのパリにアメリカ人デザイナーのブランドとして初の路面店をオープンした。

1990年代は新しい派生ラインや他ブランドとのライセンス締結を積極的に行っていくようになる。1993年、ヴィンテージコレクターとしても知られるラルフ・ローレンならではのブランド、RRLを立ち上げる。夫婦が所有する牧場の名前をブランド名に冠し、アメリカの古き良き上質な素材を使ってこだわりのヴィンテージ加工を施した仕立てが特徴。1998年には一時生産中止となるが、2001年に復活。2005年、ニューヨークにてオンリーショップを開き、2006年には東京・表参道のポロ・ラルフ ローレンの店の一部にギャラリーを誕生させた。さらに1994年に高級ラインであるラルフ ローレン パープル レーベル、1996年にヤングカジュアルラインのポロ ジーンズ、2004年に若者向けにプレッピースタイルを提案するラグビーというように顧客のニーズに合わせたコレクションを次々と展開していく。2006年、東京・表参道にアジアのフラッグシップストアとなる、ラルフ ローレン 表参道をオープン。白壁でつくられた佇まいから、ブランドファンの間では「ホワイトハウス」の愛称で親しまれている。

過去にCFDAアワードにて1992年に生涯功労賞、2007年にアメリカン・ファッション・レジェンド賞の受賞歴もあるラルフ・ローレンは、2018年にブランド50周年を祝して、同年から始まった特別賞、メンバーズ・サルートに選ばれた。2019年、ファッション業界への貢献が評価され、大英帝国勲章2等勲爵士KBE(ナイト・コマンダー)をアメリカ人ファッションデザイナーとして初めて授与される。2019年11月、ラルフ・ローレンの半生とブランドの歴史に迫る初の長編ドキュメンタリー『Very Ralph(原題)』が公開された。

Swipe!
Swipe!