VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

ANNA SUI
アナ スイ

VOGUE GIRLがお届けする「アナ スイ / ANNA SUI」に関する記事ページです。

1980年、アナ・スイが自身の名を冠して立ち上げたアメリカ・ニューヨーク発のブランド。バラやチョウなどをモチーフにしたプリントや、黒や紫といった色が特徴。ウィメンズのプレタポルテ、小物、アクセサリー、コスメと展開し、幅広い年齢層から支持を受けている。デザイナーのアナ・スイがこれまでに自身に多大な影響を与えたポップカルチャー、ロックミュージックのテイストを独自のスタイルでまとめ上げたロマンティックな雰囲気がコレクションに反映されている。1990年代にパンクロックやグランジブームの波とリンクするかたちで世に知られるようになり、瞬く間に人気ブランドに成長した。

NYのパーソンズ・スクール・オブ・デザインで約2年間学んだデザイナー、アナ・スイはスポーツウェア会社のデザイナーやスタイリストとして働き、1980年にブティックで最初のコレクションを発表。その後10年にわたり、アナ・スイはアパートで自身のデザインを続けた。1991年、ニューヨークで初となるランウェイショーを開催し、コレクションデビュー。さまざまなメディアで取り上げられ大きな注目を浴びた。1993年には、アメリカファッション協議会(CFDA)が主催するアワードの新人賞にあたるペリー エリス賞を受賞。その後、初のブティックをニューヨーク・ソーホーのグリーンストリートにオープン。1998年、化粧品ライン、アナ スイ コスメティックスを発表した。2009年、長年の功績が認められてCFDAから功労賞を授与された。2017年から、イギリス・ロンドンを皮切りに、アナ スイ コスメティックスのデビュー20周年を記念して、世界初の巡回展「THE WORLD OF ANNA SUI」が開催された。

日本においては1996年からアパレル分野はオンワード樫山が事業会社となっており、三越伊勢丹ホールディングスが販売権を有し、アジアを中心に商業的な拡大を図った。1997年には、東京・表参道にブティックをオープン。2007〜2017年、伊勢丹とのコラボレーションで、リーズナブルな価格で若年層にアナ スイの服を着てもらうための新ブランドとして、ドーリーガール・バイ・アナ スイを展開。三越伊勢丹ホールディングスは、2020年3月末にアナスイ事業から撤退し、約10店ある直営店すべてを閉めることを発表した。

Swipe!
Swipe!